ただいま❗️😄マレーシア入国

一時帰国
スポンサーリンク

クアラルンプール行きの飛行機は、一体何人くらいの人が乗っているのか、よくわかりませんでした。

最初のチェックインカウンターでは、「通常の4分の1くらいのお客様の数です。」とのことでした。

約50名くらい搭乗されていたのでしょうか?(成田空港の搭乗前の様子から推測しています。)

ビジネスクラスの方が、たくさんの人が乗っていらっしゃるように感じました。

エコノミーは、とても空いていたので、3人席に移動させていただいて、横になって寝ることができました。

さてさて、無事にKLIA(クアラルンプール国際空港)に到着しました。

ただいま❗️帰ってきたよー😄

さあ、これから入国するまでが大変です。

なにせ申請はしたけれど、自宅隔離の許可書はもらっていません。どうなることやら。

飛行機を降りたのは、まずビジネスの方達が降りた後です。もう、その時点で、前方には誰もいません😅あれれ?この後、他の方とあまり会うことはありませんでした。みなさんどこへ行ってしまったのか謎?のままです。

進んでいくと、やっと人がいるところに辿り着きました。

ヒジャブを被ったマレーシアの女性に笑顔で「ハロー!」と挨拶されました。笑顔で出迎えてくださるなんて、優しいなあ😄マレーシアへ戻ってきた実感が沸いた瞬間です。

①Mysejahteraへの登録

まず、このエリアでバーコードを読み込んでMysejahteraに個人情報を打ち込みます。

パスポート番号、搭乗便名、座席番号、搭乗日、自宅住所、電話番号、ワクチンの名前、ワクチンを打った日、マレーシアでの友人の名前と連絡先など次々と入力しました。

もしわからなければ係の方がすぐに教えてくださいます。

「隔離先として自分の家の住所も入力したよ。」と主人が言うのですが、もう忘れてしまいました😅

入力が終わったら、Mysejahteraの画面は、Home Surveillance Orderという画面が出てきました。

それを係の方に見せて、いつもならTrainに乗るところを素通りして、階段を降りていきます。そして、待っていたバスに乗り込みターミナルへ行きます。(空港内のTrainは動いていません。)

②自宅隔離の登録

バスを降りてからも、なぜか前後の人がいなくなりました。途中から自宅隔離のレーンホテル隔離のレーンに分かれて歩いていきます。

自宅隔離の申請はしているけれど、まだ許可は出ていないと言って申請した際のメールを見せると、「はい、こっちに並んで。」と言われました。こちらのカウンターで、自宅隔離用の申請書にもう一度記入しました。

そして、スマホでスキャンして出てきたサイト内にもう一度入同じような内容を入力しました。

主人がそれをやっている間に、私は自宅隔離承認書にふたり分の名前を書いたり、メールアドレスを書いたりしました。

また、「10日後にここに連絡してPCR検査を受けてね。」と指示されました。

その紙を欲しいと言ったら、「これは私のだから写真にとってね。」と言われてしまいました😅

また、ここで、タクシーに乗車するための許可証も発行されました。

最後に、こちらで隔離の証明であるピンクのビニールのリストバンドを手首につけられます。

③PCR検査

鼻と喉と両方行うPCR検査です。痛かったけれど、あっと言う前に終了です。

④PCR検査の証明書作成PCR検査代の支払い

こちらは、PCR検査の証明書を作ってくれるブースのすぐ隣のブースです。現金かカードで支払いを選べました。

領収書は、手書きで書いてくれます。大変そう😅

一人250リンギでした。

スポンサーリンク

⑤入国審査

ここの部屋に入る前に、出入国証明証の確認があります。やっとここで出入国証明証の登場です。

部屋の中では、まずパスポート類をカゴに入れて名前を呼ばれるのを待ちます。

この指示がとてもわかりにくいです。近くの日本人の方が、パスポートを先に入れることを、教えてくださいました。

確か去年私が入国した時も同じくわかりにくかったです。そして、ここで私はずっと待たされて、いつの間にか日本人の皆さんとお別れしてしまったのです。(その方々とは、ホテルのバスも違ってしまい二度と会うことはできませんでした。)

今回は、すぐに呼んでいただき、ここの入国審査もクリアしました。

この後、入国審査のカウンターでもう一度確認されて、無事にマレーシアへ入国できました❗️

⑥最後の待機カウンター

ホテル隔離の人も、自宅隔離の人もそこの待機カウンターで待つようになっていました。

そこで、私たちは係の人に料金を確認のうえ専用のタクシーを呼んでもらいました。あと15分ほど待つように言われました。(この間にトイレに行かせてもらいました。)

大体、ここまで来るまでに飛行機が着陸してから約1.5時間くらいでした。書類の記入やスマホでの入力に集中していたのではっきりと時間が分かりませんが、思っていたより速かったです。

係の人に名前を呼ばれて、その方と一緒に荷物のあるターンテーブルに行きスーツケースをピックアップします。

その後、その方にタクシーのところまで案内されます。荷物が多いので担当の方も一部を運んでくれました。

最後に、スーツケースや手荷物全部をジャーっとすごい勢いで消毒されます。

こんな防護服のドライバーの方の車に乗り込んで、いざ自宅へ帰ります。

この日も長い一日となりました。(というか、深夜11時半にKLIAに到着したので、もう次の日ですが💦)

コメント

  1. ナタリー より:

    おかえりなさい!!
    そして、まるまるの自宅隔離でよかったですね。
    しばらくゆっくりされてください。

    • hamamam より:

      ナタリーさん、ありがとうございます。
      自宅は、やっぱりのんびりできます。
      昨日は、安心したのか、
      3時間くらい昼寝をしてしまいました😅

  2. Murai より:

    Hamamamaさん
    長旅おつかれさまでした。再入国のブログの内容、とても参考になりました。
    1点教えていただけるとありがたいです。

    我が家の家族もこの日曜日に日本からマレーシアに帰ってくるのですが、自宅隔離の許可書はまだ取得できていません。Hamamamaさんと同じような状況かと思います。
    なので、隔離ホテルの予約も継続していることと、ホテルまでの移動もホテル経由で予約しています。

    ここから質問です。
    再入国された日のブログを拝見すると、到着日にそのまま自宅隔離が承認され、空港で専用のタクシーを用意され、自宅まで移動されたとのことですが、事前にご自身で手配されていた送迎の乗用車も空港にいたと思われるのですが、どのようにされたのでしょうか?

    お手数をおかけし、申し訳ありません。
    教えていただけるとありがたいです。
    よろしくお願いいたします。

    • hamamam より:

      Muraiさんメールありがとうございます。
      我が家は、初めは日系の旅行会社を通してプレミアムホテルと送迎タクシーの予約をお願いしていました。
      でも、自宅隔離を申請をしているのなら、旅行会社の方の判断でホテルと送迎タクシーの予約はしないほうが良いと言われました。
      ということで、我が家は、結局隔離ホテルと送迎タクシーは予約していません。
      旅行会社の方は、初めから支払いを直前まで待ってくれるプレミアムホテルを勧めてくださっていました。
      プレミアムホテルの中には、予約と同時に料金を払わないといけないところもあるそうですね。
      ということで、私たちは、KLIAについて自宅隔離とわかるまでは、全くどうなるのかわからない状態でした。
      もう、ホテルだったら、それもしょうがない💦と思っていました。
      多分、空港でもプレミアムホテルの申し込みはできそうでした。
      また、一応政府指定の送迎タクシーの情報は持っていました。(自分たちで、タクシーを呼ぶつもりでした。)

      21日から、自宅隔離の新しい申請となるようですね。
      過渡期でとても不安ですが、オンラインでの申請もされておくと良いのではないでしょうか?
      こんなお返事で大丈でしょうか?
      何かわからないことがありましたら、いつでもメールしてくださいませ。

      • Murai より:

        Hamamamさん

        ありがとうございます。状況がよくわかりました。
        予約しているホテルなどとも連絡しながら対応しようと思います。
        ありがとうございました。

        • hamamam より:

          Muraiさん
          無事に自宅隔離組になると良いですね。
          マレーシアでお待ちしております。
          残り少ない日本での生活を、楽しんでください😄

  3. めぐみ より:

    おかえりなさいませ!😆空港での諸々の手続きリポート、とても分かりやすく、参考になりました~!次回の帰国は自宅隔離なのかなぁ、と思っていたのでとてもありがたいです☺(一年後ぐらいにはなるかもですが…)今は自宅でお荷物整理真っ只中でしょうか?諸々でお疲れですよね…日本から持って帰ったお菓子食べなからゆっくりされてください~!

    • hamamam より:

      優しいコメントありがとうございます。
      自宅隔離ですと、すぐに荷物の整理ができてほんと助かります。
      ほんと、日本のお菓子は、美味しいですね😄
      食料品だけでスーツケースがいっぱいになってしまい、
      ワインが持って来れなかったのが残念です💦

  4. イ•ウェイ より:

    おかえりなさ〜い❤️❤️❤️❤️❤️
    日本との行き来お疲れ様でした✨✨
    そして、マレーシア入国後の手続きやら検査やら😱まだまだ大変そうですね😓😓来年もまだ隔離免除は難しいのかな〜としみじみ感じます😅😅

    • hamamam より:

      ただいま帰ってまりました❗️
      日本やマレーシア入国後の隔離の状況は、
      どんどん変わっていますね。
      ストレスなく海外を行き来できる日は、いつになるのでしょうね。
      検査など空港で働いていらっしゃる方がたも大変だと思います。
      外国人である私たちにも優しく接してくださり、本当に感謝しています😄

  5. emiemi より:

    意外とすんなり入国、自宅隔離へとことが運んでいそうに見えましたが、やはり実際はたいへんだったんでしょうね、、
    私もできれば12月に一時帰国したいので、とても参考になりました
    その時にはもう少し緩くなってほしいですが

    • hamamam より:

      海外からの日本入国の際の隔離も変更になりそうですね。
      でも、シノバックは、日本ではやはり認定されていないようです😅
      シノバック組は、またいずれコロナワクチンを打つことになるのでしょうか💦
      きっと12月には、また状況が変わっていることと思います。
      もっとストレスなく出入国できるようになるように、願っています😄

タイトルとURLをコピーしました