海堂尊 さん「チーム・バチスタの栄光」

小説・エッセイ
スポンサーリンク
海堂尊さんの 「チームバチスタの栄光」を読みました。
 
池堂尊さんは、この小説が デビュー作です。
 
2005年にこのデビュー作品で第四回「このミステリーがすごい大賞」
 
を受賞されています💙
 
この小説も 映画化されているのですね。
 
映画は 残念ながら見ていないのですが、小説に出てくる登場人物のイメージが
 
明確に頭に浮かんでくるところが この小説の面白さではないでしょうか?
 
何しろ 海堂尊さんは 現役のお医者さまです。
 
ですから 病院内の様子や 手術の様子が 小説の中でこれまた詳しく
 
臨場感たっぷりと語られます。
 
次はどうなるの?次は?と思わず 読むのをやめられなくなってしまいます。
 
忙しい中これだけの作品を描かれるなんて さすが 才能のある方は違いますね。
 
テレビドラマで「ブラックぺアン」を見て
 
ぜひ 海堂尊さんの作品を読んでみたいと思っていました。
 
嵐の二ノ宮さんが主役をしていましたが、とても面白いドラマでした。
 
実際に 「チームバチスタの栄光」を読みはじめたら
 
やめられない 止まらまい カッパえびせん状態 😜になってしまいました。
 
一気に 読み終えてしまいました。🎶
 
 
海堂尊さんの作品はシリーズになっていて
読む順番があるそうです。ミステリーシリーズは 全28作あります。
【2021最新】海堂尊シリーズを読む順番はコレ!時系列VS発行順に終止符
『チーム・バチスタの栄光』や『ジェネラル・ルージュの凱旋』などのバチスタシリーズに引き続き、二宮和也主演でドラ…

上記から引用させていただきました。

 

このうち 「チームバチスタの栄光」で活躍する 田口、白鳥シリーズは 8作あるそうです。

大変 大変 早く次を読みたくなりました。😍

「ナイチンゲールの沈黙 」を早速読み始めます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました