一時帰国編😄マレーシアから日本へ②成田空港にて

一時帰国
スポンサーリンク

成田空港に無事到着した❗️とホッとしたのも、束の間のことでした。

一時帰国😄マレーシアから日本へ①はこちらから

一時帰国入国編😄マレーシアから日本へ①KLIA→成田
日本入国に必要なものは、次の4つです。こちらをマレーシア出国前に用意しました。(日本の水際対策の為、情報は日々変わります。最新の情報は、日本政府のサイトで必ず確認するようになさってください。)①出国前検査証明 (PCR陰性...

これから、実に色々と大変なことが待っていました

飛行機内のアナウンスでは到着便が重なり、成田空港内では乗客の入国受け入れ態勢がまだ整っていないとのことでした。

約1時間以上飛行機から降りられず、トランジット以外のお客さんは、飛行機の中で待機する事になりました。

せっかく予定よりも早く成田空港に到着したのに😅

でもそこは、さすがANAのCAさん達です。機内で冷たいお茶やスナックを配ってくださったり、座席の映画を見れるようにしてくださったり、私達に優しい心配りをしてくださりました。ありがとうございました😄

さてさて、約1時間後やっと飛行機を降りれたと思ったら、ここからがまた大変でした。

線路は続くよ、どこまでも♪〜では、なくて、座席は続くよ、どこまでも♪〜です。

もう列の先は、どこなのか見えません💦 そして、列の後ろは、遥か遠くです💦可哀想すぎて、列の後ろは、見るのはやめました💦。

少しずつ、並んで座っている人達は、塊になって座席を前の方へ移動して行きます。ほんの少しずつしか進みません。ここで、コロナに感染しそうです😅

そして、やっと行き着いた先が、こちらです。

やっと最初の受付まできました。ここまで来るのに、飛行機で1時間廊下の列に座って2時間計3時間ほどたったでしょうか?もうすでにこの時は、疲れて頭が回っていませんでした💦

ここの受付のブースが確か8番までしかありませんでした。待っている人に対して、これでは、あまりに少なすぎるなあと感じました。

ここで、書類のチェックを受けて、日本語の出国前検査証明書(陰性証明書)を受理されました。

ここで次回の一時帰国の事も考えて、出国前検査証明書(陰性証明書)は原本でなく、コピーでも受け付けてもらえるのか聞いてみたところ、問題ないとのお答えでした。クリニックへPCR検査に行き、翌日また陰性証明書の原本を貰いに再訪問しましたがクリニックがメール添付で結果を送ってくれるのでしたら2度手間は避けられそうです。(でも心配なので、自己責任で確認をお願いします)

次は、いよいよ②番目の唾液によるPCR検査です。

このように小さく区切ったブースの中で行います。マレーシアでも唾液によるPCR検査を受けてきたのですが、日本の方が唾液の量が少ないため、すぐにできました。

ただし、小さいお子さんは、唾液で検査はできないので、違う検査となるのでしょうか。泣き声が聞こえてきてかわいそうでした。

スポンサーリンク

ブースの中には、唾液が出やすいようにと、梅干しとレモンの写真が貼ってありました。(こちらは、隔離ホテルの部屋に貼ってある同じ写真です)

さてここからは、怒涛のようなコースとなっております。次へ次へと案内されて、先へ進みます。

私も主人も疲れてしまって、あまり記憶が残っていません💦2人の記憶を付き合わせてみた結果をまとめてみました。

① 受付 提出書類の確認、出国前検査証明書(陰性証明書)の受け取り・パスポートに受付番号を貼られる

②PCR検査

③宣誓書の確認

④アプリの確認(MySOS,Cocoa)

⑤メールアドレスチェック

⑥14日間の隔離中の住所の確認・パスポートの確認

⑦PCR検査待ちの座席の確認(このあとPCR検査の結果が分かるまで、ずっと待つ💦)

⑧別送品の確認

⑨PCR検査陰証明書をもらう(オレンジの紙

(この後バス移動)

⑩検疫で、オレンジの紙の確認

おめでとうございます㊗️🎉パンパカパーン❗️

ここで、やっと次は、入国審査でございます。(機械を使って入国審査をしますが、入国のハンコは、窓口でしっかりともらいました。)

やっと荷物をピックして、税関を通って外に出ました。もう、😵フラフラです。

でも、私たち同じ便のマレーシア組は、ここからがまた長いのです💦

マレーシア組でホテル強制隔離の対象者は今回55名もいました。(小さなお子さんもたくさんいました。)

マレーシア組は、外に出てきた順に一列になりバス2台で6日間の隔離ホテルへと向かいます。

マレーシア組は、みんなで行動しなくてはいけないため、何回も待たされます。空港ロビーでは、座るところもありません。立ったまま、じっと待ち続けます。

おまけに隔離ホテルへ行くバスが来ないということで待たされ、隔離ホテルに着いたと思ったら前のバスの方達のチェックイン手続きが終わっていないとバスの中で待たされました。

わたし、ま〜つ〜わ〜♫いつまでも、ま〜つ〜わ♫

いえいえ、もう待ちたくありません❗️

でもマレーシア組は、さすがです。誰も文句も言わず静かに待ち続けたのでありました😆

ということで、6日間の隔離ホテルの部屋に入れたのは、夜の10時半でした。

午後3時過ぎに成田空港に着陸してから、実に7時間もかかりました。

あのー😅こんなに時間がかかるのなら、マレーシア組は、もう一度クアラルンプールへ飛んで戻れますけれど💦(KLIA→成田間のフライト時間は約7時間です。)

隔離ホテルチェックインの後に、夕食用のお弁当とお水をいただいて部屋に入りました。お腹がとっても空きました。この間の何か食べ物飲みものを持っていた方が良さそうです。

小さいお子さん連れの方は、本当に大変だったと思います。(到着便の時間帯や到着日によって、すんなりと2、3時間で隔離ホテルへ到着したという方もいます。)

こうして、長い長ーーーーーーーーーい1日は、過ぎていったのでした。

現場からは、以上でした💦💦💦

コメント

  1. malay41a より:

     お疲れ様です。
     この程度で大変と感じるレベルでは、一時帰国されてはいけないんですよ(笑)。
     特に現在の状況下ですので、日本政府がホテルを準備して、強制隔離の名のもとに休養できるよう配慮しているという深い理由、有難さには気づかれませんでしたか?
     実は、成田(・羽田)を選ばず、1日に国際線の入港数が3便程度の空港を到着地に選んだ場合は、ここまでの混雑にはなりません。
     大事なことなのですが、各空港の国際線運航状況をウェブサイトであらかじめ見ていらっしゃったら、ある程度想定できると思います。
     混む日・混む時間、即ち皆さんが動こうとする日時(今は本来でしたら繁忙期です)を選ぶと、こんな感じになるのではないでしょうか。
     直行便でなくとも移動する方法があると以前にお伝えしたと思いますが、他にも(早)朝到着する便を選ぶという手もあるはずです。
     フライトの予約前に(継続的に状況を確認する等の)情報集めをされ、良く調べられてからにされなかったのは、もったいないと思いますよ。
     今更ですが、マレーシア再入国時の時間帯の国際線入港状況等を調べておかれると良いと思いますよ。
     それでは失礼いたします。 

    • hideyoko より:

      なるほど色々と調べてから飛行機便を考えないといけないのですね😆
      大変勉強になりました。
      詳しく教えていただきありがとうございました。

  2. ナタリー より:

    ほんとにお疲れ様でしたー
    いろんなことを書いてくださったので、大変勉強になりました。
    時期やタイミングってありますもんね。
    帰りはスムーズにいきますように、祈っております!!

    • hideyoko より:

      ナタリーさんコメントありがとうございます。
      一緒にANAで飛んできたマレーシア組は、みなさんとっても辛抱強かったです😄
      隔離ホテルから、成田空港まで戻る送迎バスで、またマレーシア組と
      再会できるのが楽しみです😄
      一時帰国のタイミングは、考えた方が良さそうですね💦

タイトルとURLをコピーしました