Take awayだけよー😆 Restoran Sepetang(十八丁茶室)♪ パンミーinクアラルンプール

グルメ情報
スポンサーリンク

ただ今、マレーシア全土は、絶賛MCO(ロックダウン)状態です❗️

こうなってみると、当たり前のように自由に外食できた日々が急に恋しく💦なってしまいます。

すぐに忘れてしまう当たり前の大切さ😄今度こそ絶対忘れません❗️(たぶん💦)

ただし、レストランでTake away(持ち帰り)はできるので、とても助かっています。

Taman Desa(タマンデサ)にあるRestoran Sepetang(十八丁茶室)に初めて行ってみました。

このエリアには、たくさんのレストランやホーカーがあるので、なかなかの激戦区です。だから、あまりハズレはないのかな?と思います。どこも、美味しいはずです。

初めてのホーカーでは、やっぱりパンミー(板麺)を注文してしまいます。

よくみるとパンミーにもたくさんと種類があるのですね💦

分からないけれど、いつものように普通にパンミースープを注文しました。

こんな風に、おじさんとおばさんで、せっせとパンミーを作っています。

人気店なのか、次々と注文が入っています。何個もTake awayをしていく人がいます。結構待たされてしまいました。

こちらのホーカーは、細長くて結構奥までありそうです。またMCO(ロックダウン)が終わったら、ゆっくりとここを探検してみたいです。

スポンサーリンク

もちろんホーカーにだって、入り口に熱と測定する機械とMySejahteraのアプリをピッとするところがあります。入り口でお兄さんが一人ひとりきちんと登録しているのかを確認していました。やはり、MCO(ロックダウン)になって厳しくなってきているようです。

帰宅しました。マレーシアのTake awayの素晴らしい技術にいつも感心してしまいます。

もともとTake awayの習慣が根付いているマレーシアですから、お店の人も慣れています。こんな感じにビニール袋に入れてもらっても、一度も汁がもれてきたことはありません。凄いですね😄

ただし、Take awayですと、自分で盛り付けるとあまり綺麗にできません💦(お店の方ごめんなさい。おいしそうに写真が撮れません😆)

ここのパンミーは、麺がしこしこしていて美味しかったです。豚のひき肉もたくさん入っていました。

やっぱりパンミーは、美味しいです。もうこれだけで、幸せな気分です❤️Take awayだけでも、できることを感謝します。

パンミー(板麺)6.50リンギ (約176円)(2021年5月現在 1リンギ=27円で計算しています。)

ごちそうさまでした😍

(妹の情報によると、日テレの日曜日の番組シュウイチで、なんとマレーシアのKin Kinのパンミーが世界の朝ごはんの一つとして紹介されたそうです😆すごいですね❗️パンミーさん❗️世界に羽ばたいて欲しいなあ)

(NHKの番組で紹介されたと書いてしまいました。訂正させていただきます。すみません。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました