病は気から?まだまだ元気が出ません💦湊かなえ「母性」inマレーシア

マレーシア生活情報
スポンサーリンク

このところ、クアラルンプールではスッキリとした青空を見ていません。雲が多い天気が続いています。

そして、同じように、私の体調もすっきりとしません。

何かをやらなくてはいけないと思ったら、動くことができますが、寝てて良いよ❗️と言われたら1日中寝ていられる💦というような状態です。

現役で仕事をしている時に、インフルエンザにかかった後、いよいよ仕事に復帰しなくてはいけない😆という時に似ている状態です。この時も、本当に社会復帰できるかな?でもこのまま家にいたら、寝たきりになって社会復帰できなくなってしまう💦そんな感じです。

ほんと、社会復帰できるのかな💦心配になってきました💦

やはり、病は気から❗️でしょうか。

まず自分の中のやる気、元気😄の気持ちが、大切なのかなあ💦

まあ、もう仕事はしていないし、焦る必要もないので、のんびりとしながら、やる気、元気😄の復活を図っていきたいと思います。

あっ、そうそう❗️勇気😄(もう普通の生活に戻っても大丈夫❗️という気持ち)も大切ですね

やる気、元気、勇気😄で、乗り切りたいと思います。

スポンサーリンク

と言いながら、今日も家に引きこもって、また本を1冊読んでしまいました。

湊かなえさんの「母性」です。

湊かなえさんの小説を読む度に思います。この人の頭の中は、一体どうなっているのかな?と。

とにかくいつも小説のプロットが凄すぎます。そして、その文章力も凄すぎます。

湊かなえさんのミステリー小説は、「暗闇の中で一生懸命に出口を探すけれど、なかなか見つけられない。最後に、やっと向こうに、小さな灯りが見えた❗️もしかしたら、あそこが出口かな?」というところで、小説が終わってしまうのです。

読み終わった後の疲労感が、いつもすごいです。

読者は、すっぽりと湊かなえさんの世界に入ってしまって、なかなか抜け出せなくなってしまうのです。それぐらい小説の世界観が、凄いです。

今回の「母性」もそんな小説でした。

娘が自殺?他殺?という事件が起きます。

そのことをめぐって、母親からの告白と娘の思いが綴られます。でも、母親の言っていることが正しいのか、娘の言い分が正しいのか、読者は迷いながら小説を読み進めなくてはいけません。

何が真実なのかわからずに、最後まで読者は振り回されてしまいます。

この小説の中で母と娘の関係性、「母性」とは何かを考えさせられました。

深い意味など考えずに簡単に「母性」という言葉を使っていた事に気がつかされます。

まあ、今回の「母性」は、ラストが割とハッピーな感じで良かったです。

体調が悪い時は、湊かなえさんの小説を読んではいけないかも💦と思いました。

体調が良くなくってから、また湊かなえさんの小説を読みます。

なんと言っても、私の大好きな作家さんですから😍。まだまだ読みたい小説が、たくさんあります。

今日も良い1日でありますように😄

ブログにお越しくださり、ありがとうございました。

コメント

  1. めぐみ より:

    おはようございます♪
    わかります〜💦私もコロナ罹患後、同じ感じで過ごしてます…😅頑張れば動けるけど、そんな気になれない…
    無理は禁物です!お互いゆっくりしましょう〜😉✌️

    • hamamam より:

      めぐみさん、コメントありがとうございます。
      このままでは、引きこもりの寝たきりになりそう💦と自分でも心配になってきました😆
      ほんと気の部分が、相当やられてしまっているようです💦
      お仲間がいると思うだけで、元気が出てきます❗️嬉しいです😍

  2. ナタリー より:

    お久しぶりです!しんどいのはたぶんこの天気のせいですよ。私も頭痛、過食、変な落ち込みに苦しんでいます。気圧の変化が凄くて、雨が降る前にガクッと悪心がやってきます。
    この天気に身を任せて、毎日気楽に過ごしています笑

    • hamamam より:

      ナタリーさん、コメントありがとうございます。
      クアラルンプールもなんだかすっきりとしないお天気が続きますものね💦
      なるほどお天気や気圧のせいなのかな?
      私も気楽にのんびりと過ごすようにしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました