読書③ 宮部みゆきさんの本

小説・エッセイ
スポンサーリンク

宮部みゆきさんの「孤宿の人」を

読み終えました。

お昼寝をしようと思っていたのですが

読み終えてしまいたい気持ちの方が

勝ってしまいました。

この物語も 最後は涙でした。😆😆

阿呆の  ほう  という名前をつけられた少女の生活を中心にした

江戸時代の丸海藩のお話です。

もちろん丸海藩は、実在ではなくて架空の藩です。

読みながら  この  ほうという女の子と共に

もう1人の  宇佐という娘さんと共に

ドキドキ ハラハラ

また

バタバタ   ドタバタと

丸海の街を一緒に  走り回っているような感覚にとらわれました。

主人公の ほうは、無学ですが、心が美しいです。

阿呆の ほう  から

方角  方向の  方 になり

最後   宝  (タカラ)の  宝(ほう)

という名前をもらいます。

読んでいて  この子の幸せを思わず祈ってしまいました。

🎶🎶🎶🎶🎶🎶🎶🎶🎶🎶🎶

そうです、私も

2回目の検査が  ネガティブになるよう

祈らないと!

神さま   😂          仏様 😂

どうか明日無事に出所させてくださいませ 😂

コメント

タイトルとURLをコピーしました