天后宮(Thean Hou Temple)♫やっと初詣に行ってきました。

マレーシア生活情報
スポンサーリンク

マレーシアで最大級と言われる仏教寺院の天后宮Thean Hou Temple)に、初詣に行ってきました。

もうチャイニーズニューイヤーも終わった後ですし、朝も早いので空いていると思ったのですが、もう駐車場はいっぱいでした。 

駐車場からお寺の全景をみることができます。色鮮やかですね。

庭園の周りに干支の12支の動物が並んでいます。

○十年前のマレーシア生活の時もこのお寺を家族で訪れたました。猪が豚さんになっていて、家族でびっくりした思い出があります。

現在、こちらの庭園には残念ながら入ることはできないようです。

手前は、田植えの様子を表しているのでしょうか?

どんな意味があるのかなあ?

2021年3月のCMCO(条件付き行動制限令)のお寺に入ることができる時間です。

いらっしゃる際には、ホームページ等で確認された方が良さそうです。

もちろん天后宮に入る際には、Mysejahteraのアプリをピッとして検温をして入ります。こちらは、無料で入れます。

中は赤い提灯がたくさん下がりとても華やかです。

こちらは、1987年に創建されたマレーシア最大の中国寺院です。(1989年に一般公開)

ですからまだ30年ほどしか歴史がないので、古くて厳かな雰囲気というよりも、新しくて華やかで綺麗な寺院です。

縁結びのスポットとしても有名なようですね。

階段を登って寺院の中庭についたら、靴を脱いで上がります。

お線香が入れてある箱から4本のお線香を取ります。隣に寄付の箱がありますので、気持ちばかりですが寄付をしました。周りの中華系の人の動きを良く観察するとわかります。

そして、中央に蝋燭の日がありますので4本とも火をつけます。お線香は、日本のとはちがとても長いものなのですぐに燃えたりしないので安心です。

では、神様にお参りをしましょう。

本堂の中には、観音菩薩天后聖母水尾聖娘の三つの神様が祀られています。

中央に祀られているのが天后聖母です。こちらは、航海や漁業の神様(女神)だそうです。

内部の装飾も、とても綺麗です。

初詣なので神様に今年1年の幸せと健康をお願いいたしました。

お線香を頭の近くに掲げて持って、お祈りするようです。周りの人をよく見て真似をしましょう。

コロナが落ち着いて、どうか安心して日本とマレーシアを行き来できるようになりますように🙇‍♀️

お参りしたら3本のお線香は近くにある香炉の中に立てます。

残りの1本のお線香は、外の方をむいてお祈りして、こちらの香炉の中に立てます。

中国式のおみくじがあるのでやってみました。

お願いごとを思い浮かべながら、赤い棒を全部持って持ち上げます。

次に棒を落とします。その時に一本だけ上に飛び出た棒の番号を読みます。

番号の引き出しにある紙を取り出して読みます。紙は、もどすようです。(私達は、もらってきてしまいました。)

まあ、何ということでしょう❗️13番です。なんか嫌な予感😆

裏に英語でも書いてあるので何となく意味は分かります。

まあ😆、昔の病気に気をつけるように書いてありました。今年も夫婦共々健康に気をつけて過ごしていきたいと思います。

日本のように、おみくじを取り付ける木などはありませんでした。

こちらも近くに寄付の箱があるので、心ばかりの寄付をさせていただきました。

中庭の部分からさらに上に上がってみました。

赤い提灯がさらに美しく見えます。青空とのコントラストが良いですね。

屋根の上の装飾もとても豪華です。

赤い提灯の向こうにKLタワーや建設中のPNB118が見えます。ちょうど、寺院が丘の上にあるので見晴らしがとても良いです。

屋根の飾りも何だか、のんびりとしていて可愛いです。

こちらの寺院では、婚姻届を出すこともできるそうです。

綺麗に着飾ってブーケを持ったカップルが、家族や大勢の友人達と写真を撮っていました。

とても幸せそうでした❤️朝から混雑している理由がよく分かりました。

階段を下に下りると、食堂があり、たくさんの人が食事を楽しんでいました。

また、隣にお土産屋さんまでありました。

KLセントラル駅からちょっと離れたところですが、いつもと少し違うクアラルンプールの風景に出会うことができて、気分転換になりました。

今年もどうぞ良い年になりますように😁(もう4月になってしまいましたが💦)

コメント

タイトルとURLをコピーしました