朝散歩で見つけたもの③植物編inクアラルンプール

マレーシア生活情報
スポンサーリンク

今日は、朝散歩で見つけた植物編(花)です。

花の写真を撮るようになったら、歳をとった証拠だ😆ということを聞いたことがあります。

まさに、私のGoogleフォトの中には、花の写真ばかりになってきました。

はい😄しっかりと中高年代表となっております。歳を取りました💦

中高年代表の記事はこちら

散歩をすると、たくさんの花に出会うことができます。

なんと言っても、朝散歩で出会う花の一番は、マレーシアの国の花であるハイビスカスです。

花言葉は、「常に新しい美」「勇敢」です。

花の根元の部分がガクです。ガクが2段になっているように見えますが、一番根元にある外側の細いものは、蕾を包んでいる苞葉と言われるものだそうです。

青空に輝くハイビスカスはとっても綺麗です。特に花の真ん中にあるおしべとめしべが、独特です。

ハイビスカスは、1つの花におしべ・めしべを備える両性花です。5つに裂けたガクと5枚の花びらからできています。真ん中に、筒状に合わさったたくさんのおしべが突き出ています。

ハイビスカスの園芸種はなんと5000種以上もあるそうです。

クアラルンプールの公園で見かけるハイビスカスは、ほとんどが赤です。でもよく探してみると、他の色の花も見つけることができます。

オレンジ色のハイビスカスです。花の真ん中が真っ赤なのがまた綺麗です。一番先にある赤いのがめしべです。

こちらは、真っ白のハイビスカスです。

これは、ピンク色のハイビスカスです。なかなかピンクの花に出会いません。まだ、黄色のハイビスカスにも出会っていません。

そして、花の中にまた花?が咲いているような豪華なハイビスカスにも出会いました。

そして、こちらの花もよくあちらこちらで咲いているのを見かけます。

そうです。南国の花の代表、こちらブーゲンビリアです。

花言葉は、「情熱」「あなたは魅力に満ちている」「あなたしか見えない」😍

ブーゲンビリアの花びらに見えるところは、包葉と呼ばれています。赤やピンク・紫・白・黄色などがあるそうです。

サーモンピンクのこちらも、ブーゲンビリアの仲間だと思うのですが💦

散歩をしていると、たくさんの花が、元気を与えてくれます😍

今日も良い1日となりますように😄

コメント

タイトルとURLをコピーしました