Muzium Diraja(王立博物館)😄ちょっとだけ❗️公開開始しましたinクアラルンプール

マレーシア生活情報
スポンサーリンク

先日、Muzium Diraja(王立博物館)までの散歩道を歩きました。

その時の記事はこちらから、

王立博物館(Muzium Diraja)へ♪びっくらぽん😄の散歩道inクアラルンプール
中高年夫婦は、またまた教えていただいたびっくらぽん❗️の散歩道を新規開拓してきました。今回は、ヒンズー教寺院が立ち並ぶインド人街Brickfieldsを越えて、その奥まで歩くコースに挑戦です。朝早くからヒンズー教寺...

ロックダウン中ずっと閉鎖されていたMuzium Diraja(王立博物館)は、最近一部だけ見学できるようになったと教えていただきました。

早速、Muzium Diraja(王立博物館)へいってみることにしました。

マレーシア国王の旧王宮だった場所は、現在Muzium Diraja(王立博物館)となっています。

○十年前のマレーシア生活の時には、実際にこの王宮が使われていました。王宮の門の前には、いつも観光バスが止まっていて、写真撮影のポイントとなっていました。

現在の新しい王宮は、モントキアラ近くに建てられています。新しい王宮は、もっと大きくて豪華な感じです。

この正門の前に、駐車場があるので車を停められます。(無料です。)

では、中へ入ってみましょう❗️

以前は入場料が必要でしたが、現在のところ一部だけの公開なので、なんと無料で入場することができます。

入り口で、裏に番号がついているこのようなカードをもらい、首から下げます。

王宮前の広場からは、KLタワーとKLCCのツインタワーを望むことができます。

旧王宮からKLセントラル駅の方を見るとこんな感じです。

スポンサーリンク

現在は、王宮横にある博物館のところだけ公開されているようです。博物館の前で靴を脱いでから、中に入ります。ここは、写真撮影はOKとのことでした。

博物館の中は、とても豪華です。壁に歴代のマレーシアの王様の写真が飾られています。

王様の帽子です。Tengkolok(テンコロク)というそうです。発音を教えていただきましたが、難しい💦

Tengkolok(テンコロク)は、男性が着用する伝統的なマレーのヘッドドレスです。長めのソングケット布を折畳んで作られます。マレーシアは、州ごとに王様がいますが、州ごとに布の折り方が違います。

マレーシアの伝統的な衣装もいくつか展示されていました。織物が美しいです。

玉座でしょうか?とても豪華です。

スポンサーリンク

豪華な装飾品も飾られていました。

簡単な展示物ですが、これでも十分マレーシアの文化に触れることができました。

隣には、ミーティングルームがあります。マレー人の家族が、一生懸命ビデオを見ていました。

出口のところには、マレーシアお決まりの写真撮影の場所がありました。主人と写真を撮っていたら、係の人が主人にTengkolok(テンコロク)を持ってきてくれて被させてくれました。「これで、王様だよ❗️」ですって😄

残念ながら宮殿の中の見学はできませんが、ほとんど人がいない中のんびりと散策したり、博物館を見学することができました。私たちは、これで十分でした。

ちょっとだけ時間がある時に、ここの見学をするのは良いかもしれませんね❗️(いつまで見学無料なのか、わかりません💦)

もう今日から12月ですね😆今日も良い1日でありますように😄

ブログにお越しくださり、ありがとうございました💕

コメント

タイトルとURLをコピーしました