まずは国内線に乗って❗️クアラ・トレンガヌへ①😄inマレーシア

旅行情報
スポンサーリンク

旅行当日の移動の予定でしたが予約していたマレーシア航空のフライトが急に時間変更となってしまいました。

そこで、まずは国内線(LCC)に乗ってKuala Terengganu(クアラ・トレンガヌ)まで行って、前泊します。

さあ、旅の始まりです❗️ワクワク、ドキドキ😍

今回は、私は初めてのSubang Airport(スバン空港 正式名称は、Lapangan Terbang Sultan Azis Shah)を利用します。Grab(グラブ)で空港まで行ったのですが、道が大渋滞で大変でした。KL市内から普段だったら30分で行けるところ、1時間15分くらいかかってしまいました。ちょうどラマダン(断食)中の夕方だったこともあり、皆さん早めに帰宅をするために道も混むそうです。移動は、時間に余裕をもって行動しないといけないですね💦

空港に到着しました。チェックインカウンターは、そんなに混んでいなかなったので、ホッとしました。かなりボーディングタイムにぎりぎりの到着となってしまいました。

スポンサーリンク

私たちの荷物はスーツケース1つだけです。重さは、17.9キログラムでした。ひとり20キロまでOKだなので楽々クリアです。南国への旅は荷物が少なくてとても楽ですね😄私たちの荷物の中には、しっかりと秘密のエネルギードリンク💦(ビール)も入れてきてあります。

Subang Airport(スバン空港)の搭乗待合室は、たくさんの人であふれていました。

あれ?そういえば、空港についてから飛行機に乗るまで、一度もマレーシアのコロナ関連アプリMySejahteraを使っていません💦

あらら💦私たちが忘れたのでしょうか?ガードマンやセキュリティーに何もチェックされませんでした。もちろんワクチンパスポートも見せていません💦マレーシアの国内移動は、もうコロナ感染対策に対してそれほど厳しくなくなったのでしょうか?

スポンサーリンク

いよいよ、搭乗します❗️

プロペラ機に乗るのは、本当に久しぶりです。歩いて搭乗します。スコールの多いマレーシアですが、雨の時はどうやって搭乗するのかな?

LCCのMarindo Air(マリンド航空)に乗って、マレーシア半島の東海岸の町の1つKuala Terengganu(クアラ・トレンガヌ)に到着しました。

飛行時間わずか1時間もありませんでした。Baggage Claim(バゲージクレーム)のターンテーブルがたった1つしかない小さな空港です。

ここは、クアラルンプールよりも少し蒸し暑い感じがしました。

無事にホテルにチェックインしてから、夕食を食べにKuala Terengganu(クアラ・トレンガヌ)のチャイナタウンへ行ってみました。もう時間が9時近くなので、Googleマップで調べておいたお店はほとんど閉店していそうです。どこで、食べようかな?

さてさて、ブログが長くなるので、ここからの続きは、また明日にします。

今日も良い1日でありますように❗️

ブログにお越しくださりありがとうございました。

コメント

  1. emiemi より:

    クアラトランガノ
    クランタン に住んでいたときは、よくいったなぁー
    昔はなにもなかったけど、今はかわったんだろうなぁー

    • hamamam より:

      emiemiさん、Kuala Terengganuのことをよくご存知なのですね😄
      なんとklへ帰る飛行機便も次の日へと変更になってしまいました💦
      もうこうなったら、もう1泊Kuala Terengganuにして、街歩きをする予定です。
      どんな街なのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました