義母が旅立ちました😢in Japan

一時帰国
スポンサーリンク

とうとう、この時がやってきてしまいました。

義母が、永眠いたしました。

去年8月に、元気な義母と会えるのもこれが最後かもしれないと、コロナ禍の中でしたが、思い切って一時帰国いたしました。あの時、一時帰国しておいて本当に良かったです。

その時の一時帰国の記事はこちらから

一時帰国😄義母のもとへ
いよいよ関西にいる義母のもとへ出発です。こちらも、そしてあちらも緊急事態宣言が発令中です😢やはり新幹線の中も、空いています。一両に十人ぐらいの乗客が乗っているというところでしょうか。やっと施設に到着...
一時帰国ふりかえり編①😄義母のこと
今回の一時帰国は、具合の悪い義母に会いに行くことが第一の目的でした。コロナの第5波が押し寄せて、次々と日本中の各都道府県に緊急事態宣言が出ている中での一時帰国でした。そんな中、我が家がある関東圏から、義母が住む関西圏へ移動...

去年8月に一時帰国した時には、義母と普通に会話することもできました。

しかし、私たちがマレーシアへ渡航した後から、状態が一段と悪くなってしまいました。2日間ずっと眠り続け、2日間は意識があるというサークルになっていきました。

2022年の年明けからは、さらに容態が悪くなっていきました。

飲んだり、食べたりできなくなってしまい、点滴だけの栄養補給の状態でした。また、話すこともできなくなってしまいました。

そして、とうとう往診クリニックのお医者様からは、長くて2週間と言われてしまいました。

ただし、日本のコロナ感染者数は毎日増加していて、日本へ帰国しても施設に入れていただけるわけではありません💦

どうしたら良いのかわからない、辛い2週間をマレーシアで過ごしました。

でも、義母は頑張ってくれています。もう、とにかく日本へ一時帰国しよう❗️と今回緊急帰国をいたしました。

スポンサーリンク

なんと、義母は主人のことをちゃんと待っていてくれました❗️

待機期間明けに、主人は施設に入れていただき(抗原検査をしました。)義母のところへ行くことができました。

1日寄り添って、様子に変化がないので、夜に主人が義母に「また明日の朝来るね。」と声をかけたところ、義母の呼吸がどんどん弱くなっていったそうです。

義母は、老衰で、苦しむことなく、息子に看取ってもらうことができました。

なんと、日本入国後の待機期間が10日のままだったら、義母の最後に間に合いませんでした。

待機期間を7日にしていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

義母はとても優しくて、とっても綺麗好きでオシャレな人でした。

お義母さん、今まで本当にありがとうございました。

どうぞ安らかにお眠りください。

皆様にとって、きょうも良い1日でありますように。

タイトルとURLをコピーしました